美容整形で人気な目元の施術!一体どんな方法があるの?

手軽で簡単!埋没法でプチ整形

埋没法とは、まぶたの裏を糸で留めて二重にする方法です。メスを使用しないため料金が安く、ダウンタイムも短いです。ダウンタイムとは、施術した部分が腫れたり、痛くなるといった症状が出る期間のことです。埋没法は、いわゆるプチ整形です。したがって、半永久的に二重が維持出来るわけではありません。また、まぶたの脂肪が多くて腫れぼったい人は、埋没法で二重にしてもすぐに取れる可能性が高いです。末広がりのナチュラルな二重にしたい人に向いている整形方法です。

パッチリ二重に変身!部分切開・全切開

部分切開と全切開は、メスを使用する整形方法です。部分切開と全切開は、どちらも二重にする整形方法です。双方の違いは、切る範囲が短いか長いかです。部分切開はまぶたの中心を数ミリ切るのに対し、全切開は、目頭から目尻にかけてしっかりと切れ目を入れます。元の目の形やまぶたの腫れぼったさによって、部分切開がいいのか全切開がいいのかが変わります。ダウンタイムは部分切開より全切開の方が長いです。

目の形を変える!目頭・目尻切開、たれ目形成

目元の美容整形といえば、二重にすることをイメージする人が多いでしょう。しかし、美容整形はただ二重するだけではないのです。目頭や目尻に切れ目を入れて、目の開き具合を大きくする方法があります。また、目尻の皮膚を取り除いてたれ目にする方法もあります。これらの施術方法を組み合わせることで、自分の理想の目元に近づけることが出来るのです。ただし、切れ目を入れ過ぎたり、皮膚を取り除き過ぎると不自然な仕上がりになってしまうため注意が必要です。

フォトフェイシャルで美しい肌を目指すためには、複数の会の通院が必要となることがあるため、スキンケアに詳しい医師にサポートを受けることが大切です。